公共空間利活用

仙台市の取り組み

エリアマネジメントの民間開放(道路の占用基準の緩和)

パブリックマインドをもつ民間主体が道路空間を広く活用し、イベントの開催やそれに合わせたオープンカフェの設置等を行うことで、地域の魅力を発信し、賑わいを創出するものです。

最新の記事