活用事例インタビュー

市民パワーで秋保を元気に!

東北各地とも連携し、地域の魅力の発見・発信をさらに進めます!
国家戦略特区版エンジェル税制の活用で資金調達をスムーズに

株式会社アキウツーリズムファクトリー 代表取締役 千葉大貴さん

株式会社アキウツーリズムファクトリー 代表取締役 千葉大貴さん

秋保地区を元気にしようと、国家戦略特区版エンジェル税制※(下記※参照)を活用した地域経済の活性化事業を手がける(株)アキウツーリズムファクトリー。その代表である千葉大貴さんに、事業参画のきっかけや内容、エンジェル税制を活かした資金調達について伺いました。

事業を始めたきっかけは?

【地元有志が集まり始まったまちづくり事業】
弊社は、太白区秋保町の観光まちづくり会社として、平成29年4月に創業しました。なぜ秋保地区なのかと申しますと、私が「秋保が好き」というのもありますが、何より仙台市民にとって秋保地区は守るべき財産だと思ったからです。
秋保地区の現状を調べると、観光客は日帰りが多く、遠方からの観光客でも泊まっても1泊。滞在中ほとんどの時間を宿泊施設で過ごしていて、地元にお金を落としてもらうことができていません。また、子どもの数が大幅に減少しているのも課題で、他地域からの来訪者にまちの魅力に気づいてもらい、「行ってみたい」から「住んでみたい」と思ってもらうことなどにより、定住人口の確保を図る必要もありました。
そこで、秋保地区と他地域の有志が集まり、交流できる新たなコミュニティを作りました。「未来の秋保地区にとってどのような取り組みが必要なのか?」を学ぶために、他地域の視察や意見交換などを頻繁に行いました。

事業内容と制度活用のきっかけは?

アキウ舎の外観、古民家が地域の拠点へ生まれ変わりました

【「アキウ舎」はまちのゲートウェイ】
その中で浮上したのが、ゲートウェイ(拠点)の必要性でした。そしてたどり着いたのが「アキウ舎」です。ここでは、地場の農作物を使った料理の提供や、地域文化の紹介、体験イベントなどを行います。また、自転車のツーリングコースを設定し、休憩所として「サイクルステーション」を整備するなど、まちを周遊してもらう仕掛けを作っています。
この「アキウ舎」は元々地元の皆さんの拠り所だった江戸時代の古民家を再生したものです。そういった縁のある場所で、これらの事業を行い、秋保を元気にしていきたい。その想いを共有できる方々から「志出資」として投資をしていただくことを考えたときに、個人投資家から投資を募りやすくなる国家戦略特区版エンジェル税制の活用が適していたため、今回の申請につながりました。

神棚や梁、柱などが残された風情ある屋内空間

今後の事業展開は?

今後は秋保地区と隣接する町、ひいては東北各地との連携も視野に、地域の魅力を発見・発信し、民間ならではのスピード感をもって、より多くの観光客に来ていただけるようなアイディアを形にしていこうと考えています。

アキウ舎(運営:株式会社アキウツーリズムファクトリー)

所在地
仙台市太白区秋保町湯元字除9番地の4
TEL
022-724-7767
URL
http://www.akiusha.jp

※「国家戦略特区版エンジェル税制」とは?

個人が創業及び雇用促進に係る事業を行う設立3年未満の小規模企業等に出資すると、税制の優遇措置が図られ、投資額から2,000円を引いた額がその年の総所得金額から控除される制度です。これにより企業側は投資を募りやすくなり、事業活動をスムーズに進めやすくなります。

(注意:上記記事内容は2018年7月に取材した当時のものです。)