ドローン編

近未来技術実証

冬山における遭難者捜索支援の実証実験

山間部での遭難者を早期発見するため、ドローンの自動飛行と、光学カメラ(日中捜索)・赤外線カメラ(夜間捜索)の等の有用性や技術的課題を検証する実証実験を実施しました。

遭難者の位置情報をもとに、LTE回線により、遠隔地からドローンの飛行ルートの設定や離着陸指示を行いました。光学カメラによる日中の捜索と、サーマルカメラ(赤外線を検出するカメラ)による夜間の捜索を想定し、それぞれの時間帯で合計2回の実証を行い、本実証の有効性を確認しました。

実証実験イメージ((株)NTTドコモ作成)

共同実施:(株)NTTドコモ

  • 離陸前のドローンの様子
  • ②昼間飛行中のドローンの様子
  • 夜間飛行中のドローンの様子
  • 着陸したドローンの様子

同じカテゴリの記事

津波避難広報の実証実験

平成28年8月に締結した「仙台市及びNTTドコモによるICTを活用したまちづくりに関する連携…

緊急医薬品搬送の実証実験

平成28年8月に締結した「仙台市及びNTTドコモによるICTを活用したまちづくりに関する連携…

津波避難広報の実証実験

平成28年8月に締結した「仙台市及びNTTドコモによるICTを活用したまちづくりに関する連携…